閉店続出
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/e0911/www/whoga/wp-content/themes/twentytwelve/content.php on line 21

閉店続出

閉店続出港区 赤坂の美容室WHO-GA NY

景気の低迷・デフレ・震災・原発・・

誰もが予想もしていなかったことが続々現れ、みんなが一所懸命歩んでいます

 110319kozo

赤坂は、地震が直撃しての災害は免れ外観のダメージはありませんが

経済による余波は、リーマンショック後から続いていて、
新年を迎えることが出来なかった お店 が 100店舗を超えたという話も出ています

110319kozo2

辛うじて1月・2月を乗り越えることができ

この3月 卒業式・卒園式・送迎会・・・全エネルギーを注ぎ込む準備をされていた各お店が

110319kozo3

地震災害の影響で全てキャンセル、
臨時休業・時間短縮営業・節電営業でやりくりしている中

持ちこたえることが出来ず、暖簾・シャッターを完全に下ろしてしまう軒数が増えました

「命さえあれば!」     感慨無量です

110319kozo4

赤坂には、 “赤坂ひよこクラブ” と呼ばれる二代目・三代目・若手経営者・
近隣でお勤めの人々…町を盛り上げていこうという会があります

先日、会長(お客様)からメッセージが届きました

このメッセージが関係者の中から話題が広がり、
『ロイター通信(国際通信会社)』の目にとまり、世界各国に流れました

110319kozo5

In Akasaka, normally packed with office workers, sushi restaurants and noodle shops, streets were quiet into the night when the area usually becomes a neon-lit entertainment district.

“Akasaka has been dead quiet since the quake. We should be thankful we are alive but if this continues, the economy will be a disaster,” said Akihiro Sumitani, owner of a shop that sells kitchen utensils.

“I seriously worry how many shops can survive.”

原文は、こちらです

《皆様へのお願い

不謹慎なお願いをさせて頂きます。

皆様も御承知の通り、赤坂の街も閑散としております。

東北を中心に東日本が、混沌としておりますが、命あるだけでもありがたく思わなければなりません。

しかし、このような状況が、しばらく続くとなると経済がめちゃくちゃになってしまいます。

実際、赤坂の経済も12月は、少し飲食店を中心に盛り上がりましたが、今年に入って冷え込んでおり、

2011年1月に100店の赤坂の店が閉店したと聞いております。

3月末の年度末を前に盛り上がりを期待していた店舗、会社も多かったはずです。

しかし、この状況ですと・・・。

持ちこたえる店がどれだけあるか、本当に心配です。

大企業のチェーン店ならまだしも、赤坂には、個人店、オーナー店舗が大多数を占めております。

是非、ランチや飲食をそのような店舗を進んで選んで利用して頂くことをお願い申し上げます。

昨日も、「今までギリギリやって着たけど、もう持たない。。。」とお話していたオーナーさんがいました。

企業は、厳しければ銀行借り入れが、可能ですが、小規模店舗などは、そう容易く資金調達ができません。

日々の日銭が大きなものになって参ります。

国からも、買いだめなどしないようにとの通達が出ておりますが、皆様贅沢をしないまでも、

お金の落とし方をご考慮頂けると幸いです。

私も日々飲食は、赤坂にて、オーナー店、個人店と心がけておりますが、あえて皆様にお声掛けさせて頂きました。

昨日も、街の代表者が集まる会議に出席して参りました。

行政、警察、消防から話がありました。

でも、これらの内容は、出てきませんでした。東北が大変だから、言い出せない。そんな雰囲気もあります。

チャリティーフェアもすぐの開催は、厳しいと考えられます。

今出来ることは、義援金を集めることぐらいでしょうか。

しかし、このまま続くとすべて共倒れですね。

そうならないように、皆様で協力しあえればと思っております。》

このたびの震災で、 命の尊さ  深く感じさせられます

「生命の維持」   「経営の維持」

従業員(スタッフ)さんの生活を守り、幸せにすることが使命の経営者

諦めてしまうと、路頭に迷わすことになります

世界レベルで大きな問題・課題に直面しています

今までのありかた これからのありかた  今、自分が出来ること  自分にしか出来ないこと

一所懸命 一生懸命 精進してまいります

KOZO


by
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/e0911/www/whoga/wp-content/themes/twentytwelve/content.php on line 87

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*