日別アーカイブ: 2009年9月21日

赤坂サカス!頑張ってます(^0^)/
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/uy0705/www/whoga/wp-content/themes/twentytwelve/content.php on line 21
090921kozo

赤坂サカス!頑張ってます(^0^)/

090921kozo

今日もお祭り\(^o^)/

朝早くから、イベント!!

TBS(akasakaサカスでは)

昨日に、続き

お祭りさわぎです♪

 御柱祭 

信州・諏訪大社では七年に一度の寅と申の年に宝殿を新築し、社殿の四隅にあるモミの大木を建て替える祭りを行います。 この祭りを「式年造営御柱大祭」、通称「御柱祭」と呼び、諏訪地方の6市町村21万人の氏子がこぞって参加する天下の大祭です。

諏訪大社は上社と下社に分かれ、諏訪市に上社本宮、茅野市に上社前宮があり、下諏訪町に下社春宮と下社秋宮があります。 祭神として建御名方神と八坂刀売神を祀り、東国第一の軍神として坂上田村麻呂や源頼朝、武田信玄、徳川家康らの崇敬を集めました。 現在では全国に1万社以上の分社があるといわれています。

御柱祭がいつから行われているのか定かではありませんが、室町時代の『諏方大明神画詞』という記録に、平安初期の桓武天皇(781~806)の時代に「寅・申の干支に当社造営あり」とあるのが最初の記録で、起源はさらに遡るともいわれています。

祭りでは、長さ約17m、直径1m余り、重さ10トンを超える巨木を山から切り出し、人力のみで各神社までの道中を曳いて、最後に社殿を囲むように四隅に建てます。 柱を山から里へと曳き出す「山出し」が4月に、神社までの道中を曳き、御柱を各社殿四隅に建てる「里曳き」が5月に、上社・下社それぞれで行われます。 諏訪の人々は氏子として全精力を注いで16本(4社×4本)の柱を地区ごとに担当するのです。 秋には諏訪地方の各地区にある神社(小宮)でも御柱祭が行われるため、一年を通して盛り上がります。

なんだか、歴史ってすごいですね(^^♪

KOZO

by
Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/uy0705/www/whoga/wp-content/themes/twentytwelve/content.php on line 87